ごあいさつ

代表挨拶

私達の生きる時代は、身に着けるもの、住まうところ、食するもの・・・
何不自由なく満たされ、ファッショナブルに生活を楽しめるようになった世の中です。
インターネットや携帯電話によって、多くの利便さを享受できる一方で、
人の”肌”のぬくもりを感じられる時間は、残念ながら少しずつ減ってきている、と感じています。

しかしながら、”子供を授かる喜び”というのは、おそらく千年もの昔から、そして千年先にも、
どんなに時代が変わっても変わらない、かけがえのない幸せであるだろうと思います。
そしてまた子を授かった母の、出産に対する様々な不安にも、同じく変わらぬ想いがあって、
幸せである反面、”母になること”がどんなに命がけで、大変なことであるか・・・
ということも、私自身が母になり、知ったことでもあります。

そんなとき、アメリカで出会った、出産前の妊婦さんにエールを贈る ”ベビーシャワー” という文化。
それが、どんなに温かで、どんなに心強く、どんなに心に響いたか・・・・

決してお金で買うことのできない”時間”。

そこには、”愛”があり”友情”があり、仲間の”ぬくもり”がありました。
手作りの持ち寄りランチは、お腹の赤ちゃんの元へしっかり届き、私の心の栄養にもなりました。
そして、パーティに大きな華を添えてくれたのは、友達の手で作られたダイパーケーキ(おむつケーキ)でした。

こうして、みんなの手によって作ってもらった”物語”は、私の心の中に刻まれ、永遠の宝物になりました。

そんなあたたかい時間、”ぬくもりの和”が日本全国に広がっていったらなんて素敵なことでしょう・・・・・・

そんな想い -HOPE- を込めて・・・
私達ベビーシャワージャパンは、一過性のブームに終わることのない、永遠の”物語”を、永遠の”メモリー”を日本の皆様にお伝えするべく、様々な活動を行っていきたいと思います。

代表理事 代表理事